通話に生ずることが苦手だったときのやり方について

ぼくは以前まで、呼出に出ることが苦手で、ほとんど生じることができませんでした。具体的には、小学校の途中から大人になって仕事をするようになるまでだ。本当に長くダメでした。なぜなのでしょうか。理由は2つあります。
1つ目は、誰がかけてきたのか思い付かからです。分かっていれば安心して呼出に立てるのですが、現れるまで思い付かので、それが怖くて出られなかったのです。
2つ目は、違反が怖いからです。こちらのメリットがとても大きいです。これがなければOKでした。
ぼくは小さい頃、小学生に入学するくらいの時は普通にあることができました。しかしある日、先生からいらっしゃる申し立てをきいたことがきっかけで呼出が不可になってしまったのです。その申し立ては、みずから留守番をしているまま呼出に出て、父母はいないと言ったら悪い人が持ち家に来るかもしれないという内容でした。ぼくはこういう話を聞いてとても怖くなりました。悪い人が来るのを回避するには呼出に出ないのがマキシマムと考え、その日以降呼出に見つかるのを閉めたら、そのまま起きることができなくなってしまったというわけです。
今となっては笑い話ですが、長く非常に困っていました。