父とのリサイクル埃の埃投げ棄てを初めて想い出。

マミーの概況がすぐれないので、お父さんと僕は大量の融資屑です、用紙、布、ペットボトル、缶や瓶を屑かなぐり捨てフロアまでかなぐり捨てに行くことになりました。わたしのいるところは、瓶も色分けに区分けするなど、見識が徹底しているので、慣れないと見切るのも結構大変です。用紙の屑も、新聞とその他、牛乳パック部類と三分類に分かれています。風説には聞いていましたが、じつはいつもマミー任せだったので、お父さんと苦労しながら、屑の束を一つ一つ運び出しました。真っ最中、どうしても乾電池の処置の素行が分からず、わが家にとって帰ろうとしたのですが、通りかかった女性に聞いて何とか処置できました。お父さんも私も、知らないと何ともね、と済む積み増しになったと話しながら帰路につきました。マミーの疾患は早く治ってほしいですが、マミーが疾患にならなかったら、お父さんとゴミを投げ捨てに行くという行動はしてなかったかもしれないと思うと、貴重な家庭肩入れ積み増しだったと思います。今後もお父さんと積極的に家庭に参加していきたいだ